本文へスキップ
しぼり着物・しぼりお宮参り祝着の専門店
お問い合わせは TEL.075-812-0304  

「絞り着物の京都花こまち」初めてのお宮参りきもの選び方 

 お宮参りきものの種類 



初めてのきもの選びは種類が多く困るもの。そんなあなたに簡単にご説明します!
きものは大きく分けて下のように種類がありますよ!

〇 本友禅のきもの

  職人の手により1反ずつ仕上げた高級品。筆で鮮やかな模様を描いたきもの。
  京友禅や加賀友禅が有名。

〇 本しぼりきもの (当社の製品です)

  職人の手により1反ずつ仕上げた高級品。かつては武士が着ていたことでも有名。
  生地を縛ることで模様を描く特殊な技術を用いたきもの。

〇 友禅やしぼりを模した加工のきもの

  友禅やしぼりきものに見えるように加工をしたきもの。比較的お手軽価格で販売されている。

〇 友禅やしぼり風にプリントしたきもの

  Tシャツなどと同じくデザインをプリントしたきもの。量販店やスーパーで安く販売されている。

次は生地の素材について。大きく分けて2種類。

〇 絹・シルク (当社の製品です)

  言わずと知れた生地の王様。生地自体が動物性の素材でできており呼吸をすると言われている。
  湿気をコントロールするため、夏は涼しく、冬は温かい。ただし外国産などで一部粗悪なものもある。
  良い素材で作られたものは長年着用することができる。

〇 ポリエステル

  一般的に洋服でも使われる生地。ごわごわと固く着心地に難がある場合も。安価で購入できる。




「京都花こまち」のきものは全て京都の熟練の職人が絞った京都鹿の子絞りです。鹿の子を含む絞りの技術が残っている地域としては、京都をはじめ滋賀、名古屋、新潟等でもわずかに見ることができます。海外ではインドが伝統的に見ることができますし、洋装と同じく安く大量に生産することを目的に中国に技術が渡っています。しかし中国の経済が成長するにつれ、「安価」で「大量生産」という利点がなくなってきているのが現状です。高度経済成長の時代を迎える前、日本には多くの職人さんがおられました。しかし経済が成長するに伴い物価や仕事に変化が生じることで職人さんが激減しました。中国でも今同じことが起こっています。ただし、総絞りのきもの(全面を鹿の子で埋め尽くしたきもの)は技術だけでなく加工単価の面でも日本国内では絞ることができず、その多くが中国など海外で作られています。

 職人が絞ったきものはもちろん「本絞り」のきものですが、その加工の大変さゆえに少々高価なものになりがちです。そこで「私共では一切取扱いはありませんが」本絞りに似せた製品が実際に多く出回っています。印刷等の技術向上に伴い精巧になってきており、お店の店員さんも知らない間に「本絞り」とされて販売されているものもあるようです。

 きものを着る機会が少なくなり、きもの離れが進んでいる中、比較的買いやすいプリント等のきものを否定するつもりは全くありません。それはそれで素晴らしい点があります。問題は、お客様が納得して購入されていればいいのですが、「ホンモノのつもりが実はニセモノだった」ということがあってはなりません。食品偽装の問題と同じです。私たちはお客様の信頼を裏切らない商品づくりと販売を心掛けています。


京都鹿の子絞りとは

ゲストルーム

鹿の子とは室町時代から続く代表的な絞りの伝統技術で、一粒一粒熟練の職人さんが絞っています。今現在でも機械で絞ることはできません。日本国内では鹿の子を絞ることができる職人さんはご高齢の方が多く、どんどん減っているのが実情です。その職人さんの中でも京都の職人さんが絞ったもの、それが京都鹿の子絞りと呼ばれます。しかし当社の職人さんでも鹿の子絞り専業の職人さんは少なく農家と兼業されていたりします。

鹿の子を絞るには、デザインに合わせて絞っていく必要があります。そのため、絞る場所は青花と呼ばれる熱で消える染料を使って目印をつけます。

詳しくは「花こまちのこだわり」で「きものができるまで」をご覧ください。


総絞りのきもの

ゲストルーム

総絞りのきものとは画像のように全面に鹿の子を絞ったものを指します。現在では日本国内ではほとんど製造されていません。

もちろん一粒ずつ職人が絞りますが熟練の職人さんでもお宮参りのきもの1反分(約9m)を仕上げるのに2か月程度はかかるようです。「京都花こまち」は「国内製造のきもの専門店」ですから販売用として総絞りのきものは準備しておりません。問屋様から加工を委託されたものについては当社から中国に発注しています。

総絞りのきものに限らず人が手作業で作るものは職人さん一人一人のクセがあるものです。ですから同じ製品でも仕上がりが全て違います。ということは、絞っている途中で他の職人さんにバトンタッチすることはできませんので最後まで責任を持って仕上げなければなりません。
例えばソデだけを違う職人さんが絞ると、製品として「難物」(不良品)扱いになります。総絞りを途中でバトンタッチすると人が代わったところからくっきりラインができます。これもやはり「難物」です。


きものの「生地」について

ゲストルーム

帯などのような織物の場合はまず糸自体を染めて織り上げていきますがきものは、通常画像のような白生地に加工を施すことできものになります。
当社のきものを含め上物のきものは全て正絹(絹・シルク)の生地を使います。価格の安いきものでは絹を使わずポリエステルを使うこともあります。(当社ではポリエステルの取り扱いはありません。ただしきものの裏地は通常ポリエステルが標準で、正絹仕立ては少し高くなります)

もちろん生地にもグレードがあり、糸の質や一反あたりの重さでその価値が決まります。裏地に使われる生地や下着などに使う絹(シルク)は一般的にあまりグレードの高いものは使いません。ではきものの生地はどうでしょう?最近は値段が上がり、品質が落ちる傾向にはありますが当社ではあまり悪いものは使いません。生地を絞るという加工はいわば生地にダメージを与えることになります。ですから糸の弱い生地や極端に古い生地を使うと加工中にストレスに耐えきれず破れてしまいます。

正絹の生地は日本では京都の丹後や滋賀県長浜、石川県の小松などで製造されています。しかしやはり高価ですので白生地に至っても外国産がほぼ多くを占めています。では国産の正絹生地が「本当の純国産」であるかというと多くは違います。日本でも戦前は世界遺産でもある富岡製糸工場を始め多くの養蚕農家が存在したようですが、現在では養蚕農家がほぼなくなり、海外の養蚕農家から糸を輸入しているのです。現在「純国産」のきものを召されているのは皇室の皆様ぐらいでしょうか。私たちでもなかなか手に入るものではありません。もし手に入ったとしても目が飛び出るほどの価格になるでしょう。そのため当社で仕入れる白生地は「純国産」ではありません。

当社のきものはお客様にきちんと理解と納得をいただけるよう、情報を開示しています。生地は「純国産」は使えませんができる限り国産の生地を使います。場合により生地に限り外国産を使うことがあります。ただし、生地を除く製造に関する部分は全て日本国内でおこないます。



※画像の白生地は丹後で製造された国産の生地です。国産の生地には生産地の印がありますがきものとして仕立てるとだいたい袖の内側に隠れていたりして見ることはありません。


店舗写真

information店舗情報

京都花こまち 会社概要

〒600-8388
京都市下京区坊門町821−2
TEL.075-812-0304
FAX.075-812-0304



お振込みでのお買求めは
→京都花こまち通販

カード決済でのお買求めは
→京都花こまちYahoo!店


お客様へのお約束




→サイトマップ



良くご納得頂いた上、お買求めいただけますよう、ご不明な点はご遠慮なくお問合せください。
製品のお問合せ、当店へのご意見ご感想などの専用フォームはこちらです。





 

3000円以上のお買い上げで送料無料
































サイトの新規登録106